ショッピングA税金払い戻しサービス(タックス・リファンド・サービス)の詳細

TOPページ > ショッピングA税金払い戻しサービス(タックス・リファンド・サービス)
ショッピングA税金払い戻しサービス(タックス・リファンド・サービス)

■タックス・リファンド・サービス
世界37ヶ国で税金の払い戻し代行サービスを手がける「グローバル・ブルー」の24万店の加盟店では、各国が定める金額以上の買い物をするとサービス手数料を差し引いた税金を払い戻すことができます。『タックス・リファンド・サービス』は、買い物をしたときに免税書類を受け取り所定の手続きを取れば、誰もが利用できる大変便利なサービスです。知っておくと賢くお買い物が楽しめますよ!
※国によって還付率や最低購入金額も異なります。(→各国の還付率)

■手続きの方法
【1】「TAX FREE」マークのあるお店で各国で定められたリファンド手続きができる最低金額を購入
「TAX FREE SHOPPING」「PREMIER tax free」「TAX REFUND」などの表示があるお店を選びましょう。付加価値税を払う義務のない旅行者であることを証明するため、パスポート番号と宿泊ホテル名の提示が必要となります(一部高級ブランド店ではパスポートそのものが必要な場合もあります)。お会計をするときには「タックス・フリー・ショッピング・チェック・プリーズ」と伝えて、お店側で作成してくれる免税書類(ショッピングチェック)の内容に間違いがないかきちんと確認をしましょう。
※「TAX FREEのマークのある加盟店であれば、免税手続き用の書類を発行してくれます。
※高級店は「TAX FREE」マークが出ていないこともあるので店員さんに確認を。
※免税対象額は国ごとに異なります。対象額は、1日単位で定められている国と店舗単位で定められている国があります。
※ヨーロッパ周遊旅行の場合、旅先の免税対象額の確認を。免税対象額の低い国で購入すれば、同じ品物でもリファンド手続きが可能になることも!
《払い戻しを受けられる主な国》
EU内(イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、フィンランド、フランス、モナコ、ベルギー、ポーランド、ポルトガルなど)、シンガポール、韓国、オーストラリア、カナダ などです。

【2】お会計時に、リファンド・チェックとレシートを受け取りましょう。
『リファンド・チェック(免税書類)』とは、払い戻しをしてもらうために必要な書類です。支払い時にパスポートを提示して発行してもらいましょう。『リファンド・チェック』に記載されている「名前・住所・パスポート番号」が正しく記載されているかどうかを必ず確認!
※払い戻しの受け取り方法は3種類あります。「現金受け取り」を希望する場合以外は、必ず「
専用封筒」をもらいましょう。

【3】空港で税関スタンプを受領する
商品を購入した国を出国する際に、税関で未使用の購入品、レシート、パスポート、航空券または搭乗券を提示し『リファンド・チェック』に輸出承認スタンプを捺してもらいます。
このスタンプがないと払い戻しは受けられません。ただし、EU加盟国内でいくつかの国を周遊した場合は、EU圏の最終出国税関でまとめて手続きを行うことができます。
《機内預け荷物に入れる場合》
チェックイン後、タグをつけたスーツケースを持って、空港の出発階または到着階の税関で手続きが出来ます。
《手荷物として機内に持ち込む場合》
出国手続き(パスポートコントロール)終了後の税関で手続きが出来ます。
(空港によっては、手順が異なる場合があります。現地にてご確認ください。)
※書類上の本人が手続きしなくてはなりません。
※払い戻しを受けたい商品は必ず窓口に持参すること
※商品は開封しないこと(未使用であることが条件となるため)
※スーツケースに入れて先に預けてしまった場合、商品の確認ができないという理由で、払い戻し対象外となる場合も。
※購入商品のサイズが大きくどうしても預けたいという場合は、出国審査前のカウンターでチェックを受けましょう。ただし高価なものは預け荷物にしないように。
※時間はとにかく余裕を持っておきましょう。空港によっては大変混みあい待ち時間が長くなる可能性も。

【4】払い戻し分を換金方法
「現金での受取」「クレジットカードへの入金」「銀行小切手を自宅に郵送」3種類があります。
「現金での受取」は即時対応となりますが、「クレジットカードと銀行小切手」は約2〜3ヶ月かかります。

《現金での受け取り》
最寄りの空港のリファンドオフィスで「税関スタンプを受けたリファンド・チェック」「パスポート」を提示して受け取りましょう。
現地で:キャッシュ・リファンド・カウンターで確認スタンプの捺された免税書類を提払い出すると、現地通貨で払い戻しを受けることができます。
日本で:税金還空港付の手続きを行う会社は数社ありますが、グローバル・ブルー社経由の場合には、成田空港・関西空港のキャッシュ・リファンド・カウンターで日本円で払い戻しを受けることができます。この場合、当日の為替レートが適用されます。
《クレジットカードへの入金・銀行小切手を自宅に郵送》
税関スタンプをもらったら、専用の封筒に入れ「TAX FREE」と書かれたグローバルリファンド専用のポストに投函します。現地で専用の封筒に入れポストに投函すると、帰国後2ヵ月程度で小切手で郵送されるか、クレジットカード口座に入金されます。受取方法はあらかじめ書類で指定可能。ただし小切手の場合、銀行での換金時に手数料がかかるためクレジットカードを持っている場合にはそちらを指定した方がお得です。
※クレジットカードへの入金をご希望の場合は、「リファンド・チェック」に必ずカード番号を記載しましょう。
※成田空港第1、第2ターミナルのリファンドオフィス、営業時間外は専用ポストに書類を投函可能。

■再確認!
・旅行前に必ず渡航先の海外消費税(VAT)情報の確認を。
・免税対象となる購入金額以上の買い物をしたら、必ずリファンド・チェック(免税書類)とレシートをもらいましょう。
・税関スタンプは混むことを前提に、時間に余裕を持って手続きしましょう。税関スタンプをもらった後は現地で還付金を受け取るか、日本に持ち帰り申請しましょう。

少々面倒ではありますが、ヨーロッパでは場合によって10%以上もの還付を受けられることも。上手に利用して、海外ならではのお得なショッピングを目一杯楽しんでください!



海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved