【街】ミッション地区(Mission district)の詳細

TOPページ > 【街】ミッション地区(Mission district)
【街】ミッション地区(Mission district)

ダウンタウンより南に位置するミッション地区(Mission district)
サンフランシスコ内でも古い歴史を持ち
“フランシスコ発祥の地”とも言われる大きなエリアのひとつ。

近年この『ミッション地区が熱い!』という言葉通り
新しいショップやレストランが開店ラッシュ!!
個性的な街で洗練されたショップやレストランも多く
今、一番注目されているエリア。
(注:でも夜はひとりで歩かないように。。)
住人の半数がスペイン系メキシコ人。
もちろん飛び交っている言葉もスペイン語で
まるで中南米かメキシコ?に迷い込んだかのような錯覚に。

ここは19世紀、「カリフォルニオ」と呼ばれるラテンアメリカ系市民や、
ドイツ、アイルランド、イタリア、スカンディナヴィアからの
移民労働者が住む街でした。1950年代にはメキシコからの移民が
代わってたくさん住むようになったそうです。
そう、かつてはラティーノのエリア“ミッション”でしたが
近年ではネットバブルに伴いシリコンバレーに勤める若者が
当時SF市内では比較的安い賃料に加え利便性を求め多く移り住み
今ではGoogleやFaceBookなどの大企業がシャトルバスを出しているのだとか。

そのミッション地区も近年はヴァレンシア通りを中心に
急速に再開発が進み、またこのような新参者が流れ込み
町のある部分は小綺麗に変わり公園も見違えるほど清潔に。
(確かにキレイな公園がありました!)

そして昨今では 「オキュパイ・ムーブメント(占有運動)」 もあったりで
光と影が見え隠れ。私が訪れたちょうど翌週にこの騒動があったそうで・・・
なのでやはり、観光客の夜歩きはオススメいたしません。

でも日中は、ラテンな雰囲気、メキシコ料理、壁画、アート、古本、
洗練されたショップetc...など見所たくさんで散策にはオススメです!



関連エントリー
海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
旅行準備のアドバイス
運営者その3
海外旅行には何を持っていけばいい?準備は何から始めるのがベストなのか?旅先でもスムーズに動くための疲れない旅行計画の建て方など、旅行手続きの注意点とアドバイスについてやさしく解説 >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 サンフランシスコ旅行記 | 海外旅行Q&A! . All rights reserved