ポイズン・オークに注意!の詳細

TOPページ > ポイズン・オークに注意!
ポイズン・オークに注意!

アメリカには触れると大変危険だという植物があります。
それが↓コチラ↓

ポイントロボス
「ポイズン・オーク(Poison Oak)」

日本ではあまり馴染みがありませんがいわゆる”漆(うるし)”と同属別種で「アメリカツタウルシ」と言います。

これらの植物には表面にオイルがあり、それに触れると大変な事になります!触れてすぐには何の症状も現れないのですが、時間の経過とともに身体の免疫システムに作用していき触ったところに症状(酷いかぶれ)が出始めます。

直接肌に触れなくても衣類も触れないように!衣類を伝って皮膚に付着してしまうそうです。

また、犬もお散歩中に触れてしまう事がありそうですが犬は触っても大丈夫との事ですが、「ポイズン・オーク」を触れた”犬””人”が触るのはダメです!衣類と一緒の作用がありには症状が出てしまうのだそうです。

つまりは、”絶対に触れてはならない植物”です!

私もハイキング中トレイルコースのすぐ側によく生えている植物だったので、知らなかったら歩いている時に絶対衣類や靴が触れていたかもしれません。それぐらい一般的に見かける毒性の強い植物なので要注意です!!


【予防】

「ポイズン・オーク(Poison Oak)」
「ポイズン・アイビー(Poison Ivy)」がどのようなものか知っておく。
◎ハイキングには長袖&長ズボン着用して行く。
◎その時に来た洋服は、出来るだけ早く水で洗濯する。
◎ポイズンオーク、アイビーがあると思われるところには、犬は連れて行かない。

【もし触れてしまった場合】
◎できるだけ早く水で洗い流す。
◎できれば、しばらくシャワーを浴びるのが望ましい。
◎できるだけ、水で。熱いお湯は絶対に使わない事。
◎石けんも決して使ってはいけない。
◎ドラッグストアにポイズン・オーク用の塗り薬も市販されています。あまりにも酷い場合は病院へ。



海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
旅行準備のアドバイス
運営者その3
海外旅行には何を持っていけばいい?準備は何から始めるのがベストなのか?旅先でもスムーズに動くための疲れない旅行計画の建て方など、旅行手続きの注意点とアドバイスについてやさしく解説 >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 サンフランシスコ旅行記 | 海外旅行Q&A! . All rights reserved