【観光地】コイトタワー(Coit Tower)の詳細

TOPページ > 【観光地】コイトタワー(Coit Tower)
【観光地】コイトタワー(Coit Tower)

市の北東に位置する丘、テレグラフヒル(Telegraph Hill)。
テレグラフヒル

その丘の頂上に建つ高さ約54mの塔、コイトタワー(Coit Tower)。
コイトタワー

塔の上は、展望台になっておりサンフランシスコの街並が
360度見渡すことができる絶景ポイント!

ノースビーチからも歩いて行けますが、
何せ急な坂や丘を登るので歩きやすい靴がオススメです。

コロンバスの像
タワ−真下の広場には、海を見下ろすコロンバスの像が。
駐車場もありますが、スペースがあまりないです。

コイトタワーの“コイト”はこの方のお名前が由来。
リリー・ヒッチコック・コイト

リリー・ヒッチコック・コイトさん。
1906年サンフランシスコを襲った大地震の最に活躍した消防隊員たちへの感謝の気持ちと、この街のために何か記念になるものを残して欲しいと想いから遺産の3分の1を市に残しました。その遺志を継いで、1933年にこのタワーが建てられたそうです。

タワー内の壁画
タワー内の壁画も必見。
1934年の世界大恐慌のときに、多くの街の芸術家を救済するために政府基金で企画され、カリフォルニアの当時の生活を、街の様子や社会的な事件、新聞のタイトルなどをモチーフに描かれており、当時の様子を伺い知ることができます。

エレベーター
歴史を感じるエレベーター。
展望台への入場料、大人は7ドル。(年齢より異なります)

コイトタワーの展望台
展望台です!観光客がたくさん!!

ダウンタウンの景色
ダウンタウン側の景色も、

坂の街
坂の街の景色も、

海側
海側の景色も!
サンフランシスコの街中ぜ〜んぶ見渡せるので
オススメ絶景ポイントです!



関連エントリー
海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
旅行準備のアドバイス
運営者その3
海外旅行には何を持っていけばいい?準備は何から始めるのがベストなのか?旅先でもスムーズに動くための疲れない旅行計画の建て方など、旅行手続きの注意点とアドバイスについてやさしく解説 >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 サンフランシスコ旅行記 | 海外旅行Q&A! . All rights reserved