ホテルの予約と利用方法Bホテルの部屋についての詳細

TOPページ > ホテルの予約と利用方法Bホテルの部屋について
ホテルの予約と利用方法Bホテルの部屋について

■部屋のタイプ
【シングルルーム】1人で1部屋に泊まる場合、タイプは3つ。
・シングル用のベッドが1つだけの部屋に宿泊
・ダブルベッドが1つの部屋に1人で宿泊
・ベッドが2つある部屋に1人で宿泊
※ツインまたはダブルの1人使用は「シングルユース」と呼ばれ、料金はツインまたはダブルの料金が適用されます。
【ツインルーム】ベッドが2つある部屋に2人で宿泊。
【ダブルルーム】クイーンサイズ・ベッド、もしくはキングサイズ・ベッドが1つある部屋に2人で宿泊。
【トリプルルーム】ツイン・ルーム、またはダブル・ルームに大人3人で宿泊すること。
ベッドが3つご用意されているということではなく、ダブルルーム又はツインルームにエキストラベッドを搬入することになります。エキストラベッドにはソファベッド又は折りたたみ式の簡易ベッドが使用され、追加料金がかかることもあります。
※ホテルまたは時期によってはエキストラベッドが不足することも。
エキストラベッドを入れると、部屋が手狭になるので注意。
【コネクティングルーム】隣り合った部屋同士が、内側のドアでつながっているタイプ。ファミリーにおすすめ。
【ステューディオ】ソファまたはカウチベッドがついている部屋。シングルまたはダブルベッドと組み合わさっているのが一般的。
【キチネット】簡易キッチンがついている部屋。

■眺望のタイプ
【オーシャンフロント】海が目の前に見える部屋
【オーシャンビュー】目の前ではないけれども、海が見える部屋
【パーシャルオーシャンビュー】少しだけ海が見える部屋
【マンテンビュー】山側に面している部屋
【シティービュー】市街が見える部屋
【ガーデンビュー】庭に面している部屋
【レイクビュー】湖に面している部屋
【ハーバービュー】港に面している部屋



海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved