航空券やツアー予約の際の『名前のスペル』について。の詳細

TOPページ > 航空券やツアー予約の際の『名前のスペル』について。
航空券やツアー予約の際の『名前のスペル』について。

■『航空券に記載された名前』が『パスポートのスペル』と一字でも異なると搭乗を拒否されることがあります。
海外旅行のツアーや航空券を手配する場合、絶対間違えてはならないものの一つに名前の表記(スペル)があります。旅行代理店で予約する際『パスポートのコピーの送付』を依頼されますよね?そこで正確な名前のスペルの確認にもなります。特に個人手配の場合は“自分で”正確に行わなければいけませんので注意しましょう。

■パスポート名のローマ字表記
日本パスポートのローマ字表記は原則ヘボン式を使っています。→ヘボン式ローマ字綴方表。但し非ぺボン式の表記も認められています。ヘボン式によらないローマ字氏名表記の申出には、「非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書」が必要です。一度非ヘボン式で登録した旅券の氏名表記は変更できないので注意が必要です。

★航空券の名前の例
Familyname (姓)/First name(名)Title
TARO/YAMADA MR
パスポートに表示された姓名(スペル)と間違いがないか確認を。

【間違いが起こりやすい例】
加藤:ヘボン式→KATO   非ヘボン式→ KATOH  
大山:ヘボン式→OYAMA   非ヘボン式→ OHYAMA
藤原:FUJIWARA や FUJIHARA
山崎:YAMAZAKI  YAMASAKI など異なる読み方がある場合   

★結婚等で(戸籍上の)名前が変更になった場合
『新しい名前で再取得』がベストです。
【新しく取り直していない且つ氏名訂正もしていない場合】
→保有しているパスポートと同じスペルになります
【記載事項変更でパスポートの名前を訂正した場合】
→訂正した名前のスペル(氏名を訂正した場合でも、パスポートのICチップや機械読み取り部は変更されないので、出入国に際して記載事項を訂正した旨申し出る必要があります)

★外国国籍等でミドルネームがある場合
「Family/First Middle」または「Family/First Middleイニシャル」の順番になります。  
例:「SMITH/MICHAEL CHRSTOFER MR」または「 SIMTH/MICHAEL C MR」

★二重国籍の場合
我が家の子どもは日本では母の性(例:YAMADA TARO)、アメリカでは父の性(例:SMITH TARO)を名乗ります。ですが、日本のパスポートには『性:YAMADA(SMITH)名:TARO』と別姓表記しました。
   ↓
この場合、日本名で登録すべきか?それとも言われている通りパスポート通りの『YAMADA(SMITH)』で登録すべきか?(しかしこれは日本の戸籍名ではなく個人の希望に合わせ追加表記した性です)。ちなみに利用したオンライン予約の旅行会社の申し込みフォームではこの()を登録できませんでした。パスポートのコピーを旅行会社にメールかFAXして確認もらうのがベストだということで、デジカメで写真を撮ってメールで添付し確認してもらいました。
   ↓
【回答】『航空券の手配上のお名前を確認する箇所が顔写真ペ-ジの一番下にある【<<<<<<<】こういった表記の中にあるお名前を確認して判断しています。』とのこと。

我が家の子どもの場合『(SMITH)の部分についてはこちらの表記が【<<<<<<<】の中にありませんので日本のパスポ-トで出国・帰国する際は、「YAMADA TARO」の名前で大丈夫です。』とのこと。ちなみにパスポートはいつも日米2つ持参し提出しますが、出国・入国スタンプは日本のパスポートに押されています。

★注意★
・インターネットで直接予約する、旅行業者へ口頭で伝える、申込書に記入する場合。
・航空券(イーチケット控え)を受領した時は、日程を確認するのはもちろんですが必ず名前のスペルの確認を。
・パスポートのスペル、クレジットカードのスペル、マイレージカートのスペル、航空券のスペルを一致させるように。
・格安旅行を提供しているオンライン予約のみの旅行会社などでは、申し込み登録後、名前のスペルひとつ修正するにも費用が発生してしまうので要注意。『一度キャンセルして申し込みを取消し後→再度申し込み』となるので『キャンセル代が発生』してしまうことになります。

【体験記】
日本国籍で日本名を持つ私も搭乗口で呼び出された経験があります。
航空券の手配の際、米国人の夫が英語表記で『姓と名を逆』に入力し航空券の予約をしていたらしく航空券(例:TARO YAMADA)とパスポートの表記(YAMADA TARO) が違う、と引掛かったもよう。幸い搭乗口で確認して問題がないと判断していただき無事飛行機に乗れましたが、個人的には「それぐらいで問題になるんだ・・・」なんて甘く考えていましたが、確かに世界中ではさまざまな名前の方がいるので『別人』と判断されたら乗れません。そして帰国後、忘れていたマイレージのオンライン事後登録を行う際にも支障が。この『姓と名を逆』にしたせいでオンラインでは受け付られず(当然ですよね、、しかし当時は良く分かっておりませんでした)電話口で調べてもらうなどしてようやくできました。みなさんも、十分ご注意を!



関連エントリー
海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved