チップについての詳細

TOPページ > チップについて
チップについて

■チップとは?
アメリカなどではチップは労働報酬の一部とみなされるため、サービス業で働く人たちの賃金は、チップをもらえることを前提に比較的低くなっています。給与の一部を、サービスを受ける側が支払う仕組みになっているのです。『サービスを受けた側の満足度』により『金額が変化する』いわゆる 「心づけ」的なものと考えると良いでしょう。その場に見合った金額を気持ちよく渡すことで「ありがとう」の気持ちを伝えるようにしましょう。

■チップを支払う国について
チップの習慣がないのはアジア諸国、オセアニア、ミクロネシア。それ以外の国では基本的にチップを支払う習慣があります。またこれ以外の国でも、地域によっては海外旅行客が増えたことでチップの習慣ができ、チップが必要になる場合もあります。旅行に行く前にはガイドブックなどで確認を。

■チップの相場
欧米諸国のチップの相場の目安です。地域によっても多少異なります。
【ホテル】
・ポーター: 1ドル
・枕銭(部屋の掃除)
  3ツ星クラスのホテル: 1〜2ドル
  4ツ星ラスのホテル: 2〜3ドル
 5ツ星クラスのホテル : 3〜5ドル
【レストラン】
・通常の着席の場合: 15〜20%
・ビュッフェの場合:10%〜
 (※料金に『サービス料』が含まれている場合は小額で可。)
・バーテンダー:1杯に付き1ドル
【移動】
・タクシー:10〜15%
・荷物を運んでもらった場合:1個に付き1ドル
【現地発着ツアー】
ツアーデスクなどで申し込む現地発着ツアーの場合は、大抵チップ分をあらかじめ含んだ料金設定となっているためチップは不要。但し、移動の際やレストランのサービスなどツアー中は多くの人と関わります。その中でチップを要求される場合も。予め、ツアーを申し込む際に確認しておきましょう。

■チップの渡し方
チップをスマートに渡すには、タイミングお札の取り出し方が大切です。小額のお札をいつでもさっと取り出せるよう、ポケットなど取り出しやすいところに入れておきましょう。1ドル札を5枚程度、5ドル札も数枚ほど常に入れておくとよいでしょう。
女性の場合は、手持ちのバッグなどの取り出しやすい位置にお札を折り畳んでしのばせておくと良いでしょう。海外では人前で財布を見せるのは危険です。くれぐれも相手の目の前で財布を取り出してチップを渡す行為は控えましょう。スリや置き引きなどの対象になる恐れもあるので注意。



海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved