公共交通機関@バスの詳細

TOPページ > 公共交通機関@バス
公共交通機関@バス

■海外のバス
多くの路線をもつバスは市民の足。乗りこなせれば行動エリアが広がります。窓から眺める景色も楽しみのひとつですね。

■路線図と時刻表を入手しよう
バスを利用する際に必要なのが、時刻表路線図。いずれも観光案内所やバス会社のオフィスなどで入手できる可能性が高い。

■運賃
乗車前に料金を確認し、小銭を用意しておきましょう。紙幣は受け付けないところも多い。また、おつりはもらえないこともあるので、ぴったりの金額を用意しておくと良いです。
ヨーロッパでは、前もってキオスクやコンビニエンスストア、タバコ屋、またはバス停にある券売機でチケットを購入するケースが増えています。また日本のようにカードにチャージする方法も。
都市によっては、1日乗り放題の乗車券などお得なパスが販売されていることもあるので利用意する可能性があれば事前に調べておきましょう。

■乗り継ぎの場合
アメリカでは無料またはわずかな追加料金で乗り継ぎが可能。乗車時にドライバーに「Transfar Please」と伝え、乗り継ぎ用のチケットを受け取りましょう。乗り継ぎバスに乗車する際に、そのチケット必要なら追加料金を支払います。

■降車する
目的地が近づいてきたら、窓枠の周りに設置された黒いテープにタッチするか、車内に取り付けられたブザーを押すなどして、次の停留所で降車することを伝えます。不安であれば乗車時に運転手に降りたい駅を確認しておくと良いです。言葉が話せなくても、地図などで指指し確認などでも。少しは気に留めてくれるはず。

■そのほかの注意点
治安の悪い場所での夜間の乗車はおすすめできません。また、人の少ないバス停でバスを待つことも危険!車内では万一の事態を想定して、ドライバーの近くに座ると安心です。また、スリや置き引きにも十分注意しましょう。



海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved