入国手続きの詳細

TOPページ > 入国手続き
入国手続き

■入国手続きの流れ
目的国の空港に到着したらいよいよ入国です。入国の手続きに必要な書類や受け答えをあらかじめ頭に入れておくと安心です。
※入国手続きの方法・内容・順序は、国や空港により異なる場合があります。
【1】目的空港到着(Arrival)
目的地空港に到着したら空港内の通路を通って入国審査のカウンターへと向かいます。※注意!トランジット用カウンター現地の人用のカウンターなどもあるので、そこに並んでしまわないように。

【2】検疫(Quarantine)
イエローカードが必要な国からの入国などの場合や、動植物の持ち込む場合などは申告を行い検疫を受けます。それらに該当しない場合は申告不要です。

【3】入国審査(Immigration /Passport Control)
カウンターにいる入国審査官にパスポート入国申告書(出入国カード)等を提示します。 この時、簡単な質問(入国目的や滞在期間など)や、帰国用の航空券の提示を求められる場合もあります。 完了するとパスポートにスタンプが押されたり(省略する国も)出国カードとともにパスポートを返却されたりとさまざまです。

【4】荷物の受け取り(Baggage Claim)
出発空港のチェックインカウンターで預けた荷物を受け取ります。 自分の乗ってきた航空会社の便名が出ているターンテーブルの前で待ちます。荷物が多い場合はカートを用意。もし 自分の荷物が破損していたり、出てこなかったりした場合は、荷物の引換券の半券(claim tag)を見せて近くにいる職員に伝えるか「Lost-and-Found Counter (紛失を担当するカウンター)」に申し出を。

【5】税関(Customs Immigration)
自分の荷物を全て持って税関へ行き、機内で記入した税関申告書を提出します。申告が必要な場合は税関検査へ。 国によっては申告を義務づけているところも。
『申告するものを持っている』 または『 不明』な場合
⇒赤いライト「Declare(申告必要)」のカウンターへ進む。
『申告するものを持っていない』場合
⇒緑のライト「Nothing to Declare(申告不要)」のカウンターへ進む。
呼び止められて抜き打ち検査が実施されることもありますが、その時は検査に協力すれば問題ありません。
※申告が必要な課税対象は、国によって種類や制限が異なります。

【6】入国
入国手続き完了、空港出口へ。帰国の予約再確認(リコンファーム)
が必要な場合は忘れずに。



海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved