海外旅行でのお金E両替の詳細

TOPページ > 海外旅行でのお金E両替
海外旅行でのお金E両替

■両替とは
ある国の通貨を別の国の通貨に交換すること
アメリカ旅行をする場合、アメリカの通貨はUSドル。日本でUSドルを入手するためには、銀行や郵便局などの金融機関で両替をするのですが、実際は銀行が定めたレートによって日本円で等価のUSドルを買っているということに。これは他のどんな通貨の場合でも同様で、現金でもトラベラーズチェックでも同じです。

■両替の回数はできるだけ少なく
売値と買値には差があり、両替を繰り返すたびに元金は目減りしていきます。また国や銀行によっては両替手数料を取る場合もあるので、可能な限り両替回数は少なくしたほうが有利。日本円を持って行き現地通貨に直接両替できればそれが最良の方法なので、渡航先で日本円が両替可能か出発前に確認しておきましょう。
■認知度の高い通貨を持参
世界中どこでも日本円が通用するわけではありません。圧倒的にUSドルの方が通用しやすい。USドルは日本でも容易に買うことができますが、国内で購入できる外国通貨は種類が限られているので、渡航先で通用する両替しやすい通貨を事前に確認を。
■どこで両替するか
通貨によっては現地でのレートが有利な場合日本で両替したほうが有利な場合とがある。通貨や国の事情により両替事情は異なるため、ガイドブックや旅先の観光局の公式ホームページなどをチェックして現地の両替事情と渡航先に合った両替方法を検討しましょう。
<日本国内で両替する場合>
@外貨を取り扱っている銀行、金融機関、成田空港などの国際空港で両替可能。
※在庫不足などで後日受け取りになることもあるので注意。
・通貨の種類によっては日本で両替できない場合もある。 現地で日本円から現地通貨への両替ができる場合は日本円を持参する。
・現地で日本円からの両替が難しいまたは流通していない場合は、日本でドルなどに両替してから現地でドルを現地通貨にします。
A外貨宅配サービス
・両替に行く暇がないという人に便利な宅配サービス。
・インターネッで申込むと外貨やT/Cを指定の場所への宅配も可能。
・24時間受付可能で送料有料ですが、一定の金額以上を超えた金額を両替すると送料無料になる場合もある。※取扱外貨や送料に関しては、取り扱いのある金融機関に確認が必要。
<現地で両替する場合>
・主な国では空港内両替所、主要銀行、主要ホテルなどで日本円を現地通貨に両替可能。
・レートや手数料は場所により異なる。
・ 一部の国や、地方では日本円の両替ができない場合もある。
・通貨の異なる数カ国周遊する際は、通用度が高い米ドルを用意しておいた方がよい場合も。
・現地到着が早朝、深夜の場合、両替所がしまっている場合もあるので注意。

★硬貨は原則的に両替ができません。(一部の例外を除く)
コインはチップや電車やバス代など小さな支払いで積極的に使うように。
★通貨には各国の規定で持ち出し限度額があるので。目的国の現地情報の入国規定を参考にしましょう。
★為替レートにも注意を!
レートが換算されるタイミングは両替手段によってまちまちです(クレジットカードではカード会社の換算日のレート適用など)。 また同じ額面金額でも「販売レート」(日本円で外貨を購入する際のレート)、「買取レート」(外貨を日本円に戻すときのレート)によって貨幣価値が変わる。



関連エントリー
海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved