海外旅行のお金Dトラベラーズチェックの詳細

TOPページ > 海外旅行のお金Dトラベラーズチェック
海外旅行のお金Dトラベラーズチェック

■トラベラーズチェック(T/C)の場合
サインをすることにより現金化が可能になる小切手で旅行小切手のこと。アメリカのように店頭で現金同様に支払に使用できる国と銀行や両替所、ホテルなどの両替商で現金化しなくてはならない国とがある。券面にはサインする場所が2か所あり、1か所は購入時にすぐ署名しもう1か所は実際に使用する際(=両替する際)に署名する。このように本人のサインがないと現金化できないため、安全面でメリットが大きいといえる。使用時にはパスポートの提示を求められることもある。

<メリット>
・2つのサインが合致して初めて現金と同様の価値をもつため、所持している本人しか使えないので安全性が高い。
・紛失したときも現地で再発行が可能。
・購入時に発行手数料がかかるが、一般的に為替レートは現金に比べ安いな国が多い。
・世界中ほとんどの国で使うことできて(一旦、現金に両替しなければいけない場合もあり)便利で様々な通貨建(日本円建て、US$建て、ユーロ、オーストラリア$、カナダ$、英ポンド建てなど)がある。

<デメリット>
・購入には手数料がかかる。
・T/Cを現金化する際、1回あたりあるいは1枚あたりという形で手数料を徴収する国・地域もある。
・アメリカのように現金同様にT/Cを使える国ならよいが、金融機関等で現金化してから使う場合は一時的にまとまって現金を持ち歩くことになるので安全性が高いとはいえなくなる。
・再発行の手続きを想定して購入時の発行控えを携帯するほか使用、未使用のT/Cの番号を常に把握しておく必要がある。

■使い方
@T/Cを購入したら2ヶ所あるサイン欄のうちホルダーズサイン(Holders sign)欄に予めサインをしておく。※この瞬間から そのT/Cは購入者だけしか使用できなくなる。
A 現金化する時にカウンターサイン(Counter sign)の欄にサインし使用する。※相手の目の前でカウンターサインにサインすることが大事なので事前に書き込まないように。
■購入場所
@『外国為替公認銀行』の表示のある銀行。
A一部の旅行会社や、大手百貨店のインターネットサイトなど。
※近年では国際キャッシュカードなどの普及によりT/C販売の取扱いをする旅行会社が少なくなっている。
■再発行について
盗難や紛失時には再発行が可能。
購入した場所、発行年月日、無くなったT/Cの番号の申告が必要なので、予め控えておきましょう。
※ 再発行までの所要日数は発行元やその国の事情によって違いがあり、即日発行してくれないこともあるので注意が必要。
■再発行の手続き方法
@現地の警察に届けて盗難(紛失)証明書を作ってもらい、T/C発行元の現地支店もしくは代理店へ出向く。
A 購入申込み書控えをもとに、氏名、住所、電話番号滞在ホテル、今後の旅行スケジュール、ホルダーズサインの有無、盗難(紛失)の状況などの確認をされる。



関連エントリー
海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved