海外旅行でのお金B国際キャッシュカードの詳細

TOPページ > 海外旅行でのお金B国際キャッシュカード
海外旅行でのお金B国際キャッシュカード

■国際キャッシュカード
旅慣れた旅行者を中心にユーザーが増えている国際キャッシュカード(INTERNATIONAL CASH CARD)。国際ATMネットワークでVISA International系が運営するPLUS(プラス)あるいは、MasterCard International系が運営するCirrus(シーラス)と提携した海外のATMやCDで現地通貨で預金が引き出せるキャッシュカードです。
国内のATMと同じ感覚で日本の銀行口座にあるお金を旅先の海外のATMから現地通貨で引き出せるという便利なカード。引き出した現地通貨は日本円に換算され、手数料とともに日本の円預金口座から引き落とされます。クレジットカードを作りたくない人やクレジットカードのキャッシングを使いたくない人に適しており、利用できるのは円預金口座残高の範囲内なので使いすぎる心配もありません。

<メリット>
・多額の現金を持ち歩く必要がないので安全性が高く長期滞在や留学の場合に便利。
・海外のATMは24時間365日使えるところが多く、曜日や時間を気にせずにいつでも現金が入手可能。
・T/Cや現金と異なり必要なだけ引き出せる。
・数か国を周遊する旅でも何種類もの外貨を用意する必要がない。
・クレジットカードのキャッシングとは違い、金利がかからない。
・クレジットカードと違って入会の際審査がない。

<デメリット>
・ほとんどのカードが利用ごとに手数料(引き出す金額により上下する)がかかる。※取扱の金融機関によって利用規定や引き出しの際の手数料は異なります。
・日本で使っているカードをそのまま海外で使えない場合がある。
・一部のカードは預金の残高により口座の維持費が必要となる場合がある。
・クレジットカードに比べ為替のレートが悪い場合が多い。
・小都市や途上国の場合通信網が発達していないこともあるため利用可能なATMが少ない。
・紛失・盗難に遭った場合、クレジットカードと違い、海外でのカード再発行・受取ができない。※誤操作・故障等でカードがATMに飲み込まれてしまうことも珍しくないので要注意。
・1日(1回)に引き出せる限度額が低い。※1日の利用限度額は最大20万円、1回の引き出し限度額は国によって数千円〜数万円程度。

★お持ちのカードをそのまま海外で使えるかどうか、渡航先で利用可能かどうか、また利用規定などは事前に調べておきましょう。



関連エントリー
海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved