ビザ(査証)A米国へ渡航の場合の詳細

TOPページ > ビザ(査証)A米国へ渡航の場合
ビザ(査証)A米国へ渡航の場合

■米国へ渡航される方はESTA(電子渡航認証システム)の申請が必要です!

・米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日以降、事前に電子渡航認証システムESTA(Electronic System for Travel Authorization)により電子渡航認証の取得が義務化されました。

・米国に短期商用・観光等の90日以内の滞在目的で旅行する場合(米国において乗り継ぎするケースも含まれます。)は、査証(ビザ)は免除されていますが米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けなければなりません。

・2010年9月8日以降、ESTA申請時には一人当たり14米ドルを課しており、支払い可能なクレジットカードはMasterCard、 VISA、American Express及びDiscover(JCB を含む)です。

・事前にESTAの認証を取得していない場合、航空機等への搭乗や米国への入国を拒否されますので御注意ください。

・一度ESTAの認証を受けると2年間有効です。

2年以内にパスポートの期限が切れる場合はパスポートの有効期限日をもって無効になりますので御注意ください。
 
・パスポートを新規に取得した、渡航者が名前を変更した、渡航者が性別を変更した、 渡航者の持つ市民権の国籍が変更した、エスタ申請質問で渡航者が過去に回答した内容(はい、いいえ)が変更した場合は再申請が必要です。

※ESTAは査証免除者を対象としていますので、既に留学や就労等の米国査証をお持ちの方は、ESTAへ申請する必要はありません。



関連エントリー
海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved