パスポート(紛失、盗難、焼失したとき)の詳細

TOPページ > パスポート(紛失、盗難、焼失したとき)
パスポート(紛失、盗難、焼失したとき)

海外旅行中に万一パスポート(以下旅券)を紛失、盗難、焼失したときは、さてどうするのでしょうか?意外と知らないまま旅行へ出掛けてはいませんか??
パスポートは1回限りのものではありませんし、紛失・盗難パスポートが他人に悪用される場合もあります。万が一の場合に備え、一度目を通しておくことをオススメいたします。
何よりも海外では十分な注意を!!

@現地の警察署への届け出て「パスポートの紛失・盗難届出証明書」を発行してもらう。
※同書類の発行をしてもらえない場合は最寄りの日本大使館又は総領事館にご相談ください。

A現地の大使館・総領事館で再発給またはパスポートの代わりに
「帰国のための渡航書」を発給してもらう。

■必要な書類および費用
・紛失一般旅券等届出書 1通
・現地警察署の発行した紛失・盗難届出証明書または消防署等の発行した罹災証明書等
・一般旅券発給申請書または渡航書発給申請書 1通
・写真(縦45mm×横35mm)1枚
・戸籍謄本または抄本 1通
・旅行日程が確認できる書類
 (旅行会社にもらった日程表または帰りの航空券)

・手数料:10年用旅券1万6000円、5年用旅券1万1000円、帰国のための渡航書2500円。いずれも現地通貨の現金で支払う。

※この届出により紛失したパスポートは失効します。
※海外においては「帰国のための渡航書」や新しいパスポートを取得する場合は、国籍や身分事項を確認するために、戸籍謄(抄)本(申請日前6か月以内に作成されたもの)が必要となる点についてご注意ください。
※運転免許証等の身元確認書類の提示が必要です。
※紛焼失届出と新規発給申請は同時申請が可能です。

旅券の顔写真があるページと航空券や日程表のコピーがあると手続きが早そうです。コピーは旅行前に用意し、現地では原本とは別の場所に保管しておきましょう。



海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved