LCCについてB安全性の詳細

TOPページ > LCCについてB安全性
LCCについてB安全性

■LCCの安全性について
「LCC」の「激安」ともいえる料金設定を見ると安全面での手抜きはないのだろうか、と不安に思う人もいるかもしれません。しかし「LCC」が安いのには合理的な理由があります。整備面を怠っているわけではないのです。欧米では国の厳しい安全基準が設けられており「安全面ではレガシー・キャリア」との違いはほぼない。
欧米以外の地域では国により安全基準に多少の違いがありますが、例えばタイガー・エアウェイズ(シンガポール)は、親会社であるシンガポール航空と同じ機種、同じ整備システムを利用しているので決して不安に思う必要はありません。
調査会社などのさまざまな機関がエアライン別の事故率を発表していますが、レガシー・キャリアとLCCとの事故率に大きな差は見られません。

【参考サイト】※英語ですがチェックしてみてください。
AirSafe.com
Airline Accident Rates
Low Cost Carriers Accidents or Incidents

■危険なLCCは淘汰されていく
いくら安さを売りにしても、他社に比べて事故率が高ければ客は離れていき自然に淘汰される。
例えば、アメリカの「LCC」として人気のあった「エア・フロリダ」は80名弱もの乗客・乗員が死亡する航空機事故を起こしたため、事故の2年後に倒産。また、インドネシアの「アダム航空」も2007年に墜落事故を起こして運航停止となった末に倒産した。
このような事故例を挙げると不安に感じる人もいるかもしれませんが、大きな事故を起こすエアラインは元々小さな事故を頻発して問題になっていたのです。あまり名前を聞いたことがない「LCC」を利用するなら事前にネットで情報を探してみましょう。事故率のランキングやクチコミの情報などを得ることができるはずです。



海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved