長野県長野市の「戸隠奥社」。樹齢400年を超す杉並木に囲まれた参道は圧巻です

ダイナミックな杉の巨木に囲まれて森林浴

長野県長野市の「戸隠奥社」を歩くことが好きです。特に、樹齢400年を超す杉並木に囲まれた参道は圧巻。時間があると、足を運んでいます。
今でこそ、吉永小百合さんのJR東日本のTVCFで知られる「戸隠奥社」ですが、初めて行ったのは、30年余り昔のこと。

杉の巨木に囲まれた昼なお暗い参道には、畏怖すらおぼえたものです。はじめは、隣接の森林植物園から入っていけるハイキングコースになっていることを知り、まる1日かけて歩き通しました。

「戸隠奥社」は祭神天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)を祀った神社ではありますが、宗教に関係なく自然から大きなパワーをもらえる感じがします。

ダイナミックな杉の巨木に囲まれ、森林浴ができます。観光客が少ない時は、森の静寂の中でさまざまなことを考えながら、ひたすら歩けるのです。野鳥の声が常に一緒ですが、日との声ほど邪魔になりません。『クマ出没注意』の場所ではありますから、熊鈴は常に身につけて歩きますが。

参道へ入る際には熊鈴を忘れずに!

「戸隠奥社」の入り口には蕎麦屋や土産物店がありますが、参道に入ると俗の臭いもなくなります。ただ、吉永さんのTVCF以来観光客が倍増し、ハイシーズンともなると、長野市から奥社へ向かう道路が激しく渋滞すること。パワーを求めて数多くのひとが訪ねる魅力的なスポットだから仕方ない、ともいえるのですが…。

標高1200メートの山塊にありますから、大自然からパワーをもらえることがイチバンです。2000年あまりの歴史を刻んできた神社ですから、当然ながら、私はクリスチャンだから神社は絶対にダメ、という人にはおすすめできません。信仰上、目に見えないメンタル面のトラブルが起こるかも?

明治神宮のように、街中のパワースポットではありませんから、服装の注意点もあります。せめて”山ガール”ファッションに身を包まないと、随所に木の根がデコボコとはみ出している石畳の参道を歩くことは不可能です。以前、上げ底ブーツで足をくじいた女子を介抱したことがあります。

『クマ出没注意』のエリアですから、野生動物に恐怖心が強い人にもおすすめできません。長野市からバスで1時間程の「奥社入口」で下車すると、参道は目前です。熊鈴は必ずご持参いただき、鈴の音を立てながら歩きましょう。冬は積雪が多く、参道へ入れないこともあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ