情報番組で興味を持った長崎ハウステンボス

長崎ハウステンボスはイルミネーションがきれいな夜がおすすめです

長崎ハウステンボスへ行きました。テレビの、お昼や夕方の情報番組で興味を持ち、その後HPで詳細や口コミを確認しました。

九州自動車道を利用したので、ガソリン代をのぞけば、交通費はほとんどかかませんでした。互いの宿泊費が2万~3万、食事と入場料を併せてプラス1万円程度。合計で4万~5万円です。やり方次第で安くできます。

国内イルミネーションの最高峰「光の王国」とチューリップ祭り、花火、仮面舞踏会や新アトラクション(巨大迷路)など、イベント豊富な時期に行きましたが、某有名テーマパークのように「何もかもに長時間並ぶ」「人混みで疲れきってしまう」ということがありません。

コンセプト自体がおそらくカップル向け、大人向けでファミリーや学生があまりいないからでしょうか。昼間は「ワンピース」のアトラクションをはじめ、家族で楽しめるものもあります。夜ともなれば、周りはカップルだらけで、静かな大人の時間をゆっくり楽しめました。

イルミネーションはまず、間違いないです。レーザーショーや3Dマッピングなど、とにかく「キレイ!」と感嘆をあげるものが多く、時間をもてあますことなく、満足してホテルに帰ることができました。お昼よりも夜の方がおすすめです。雰囲気がガラっと変わります。

パレスハウステンボスは別料金がかかりました

入場チケットを支払って入園した後も、敷地内に更に有料のゾーンがあるのでご注意を。イルミネーションの並木道を歩いた後、最終地点の「パレスハウステンボス」が有料でした。入る、入らないで少し迷ったので、ちゃんと調べておけば良かったと思いました。

二人でワイワイ騒ぎたい、子どもに戻って遊びたい、という雰囲気ではありませんので、本当に「ロマンチック」に「大人の時間」を楽しみたい方向けだと思います。

それなりにお金がかかりますので、ある程度お財布に余裕がある方、余裕がある時が良いかもしれません。街並みや、風景、花、美術館など芸術関係が楽しめる方に強くオススメします。もしくはお連れの方がそういったことが好きで、喜ばせてあげたい方ですね。

当日はこうまわろう、という計画はもちろん必要ですが、何より「食事の予約」は絶対にとっておいた方がいいです。予算と相談して早めに決めておかないと、予約だけで満席ということが多々あります。あとは、雰囲気を重視するならお財布の紐は緩めにしておいた方が無難です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ