食事Cレストランでのマナーとエチケットの詳細

TOPページ > 食事Cレストランでのマナーとエチケット
食事Cレストランでのマナーとエチケット

■海外のレストランでのマナーとエチケット
レストランで思い出に残るひと時を過ごすには、大人としてマナーとエチケットを心得ることが大切です。

■シーン別マナーとエチケット
【1】レストランに到着
入店したらまず挨拶を。予約を入れてある場合は名前を告げましょう。勝手に店内へ入らず、案内されるまで待ちます。
    ↓
【2】テーブルへ
“レディーファースト”を忘れずに。女性が前を歩き着席するのも女性が先。もし案内されたテーブルの位置が気に入らず別の空席を希望するときはその場で申し出ること。替えてくれることもありますが、先約がある場合は断られることもあります。
    ↓
【3】料理をオーダー
メニューを開いて疑問があるならスタッフに質問してみましょう。日替わりメニューが用意されていることもあるので「本日のおすすめ」を聞いてみるのも良い。もし、注文が決まっていないのにオーダーを取りに来た時、すぐに決められない場合は「もう少し時間を下さい」と申し出ましょう。待たせておくのは良くありません。
     ↓
【4】食事中
音を立てないことが基本。特にスープやパスタを食べる時は注意。すすって音を立てないようにしましょう。ボトルでワインを頼んだ場合、グラスに注ぐのはウエーターの仕事。近くにウエーターがいなかったら自分で注いでも良いですが、女性は(自分にも)注がないこと。また食事中のタバコは厳禁です。アメリカやオーストラリア、シンガポールなどでは、エアコンの利いたレストラン内は全面禁煙になっています。また、分からないことがあった場合はレストランのスタッフに尋ねること。質問することは恥ずかしいことではありません。
     ↓
【5】支払い
基本的には着席したまま勘定を頼み、支払うときも席についたままでいい。現金、トラベラーズチェック、クレジットカードいずれの場合も同様。
頭を悩ますのがチップですが「勘定書にサービス料が含まれていないか」を確認すること。後はその国の事情に応じてチップを置きます。なお、クレジットカードを使用する場合、カード伝票の所定欄にチップ額を記入することも可能。→レストランでのチップについて。




海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved