「グアム」とは?の詳細

TOPページ > 「グアム」とは?
「グアム」とは?

グアム(英語: Guam, チャモロ語: Guåhån)は、太平洋にあるマリアナ諸島南端の島です。1898年の米西戦争からアメリカ合衆国の領土になりました。1941年〜1944年までは日本軍が占領統治し「大宮島(だいきゅうとう)」と呼ばれた歴史もあります。経済面ではアメリカ軍と日本からの観光客が重要な位置を占めています。

ここで、グアムの歴史についても少し知っておきましょう。
グアムに残る歴史的観光スポットの存在の意味が分かるかもしれません。

グアム島に人類が住み着いたのはB.C.3000年〜2000年頃。東南アジア系民族チャモロ人がマレーシアやインドネシア、フィリピンから航海カヌーに乗って移住してきたことに始まる、と考えられています。

1565年にレガスピが来島してスペインの領有を宣言し植民地となりました。
1668年にスペインのカトリック教会使節サン・ビトレスを中心としたイエズス会が布教活動のため訪れるようになり、先住民はチャロモ人ですが、サイパンを含む北マリアナ諸島から移住させられたチャモロ人が多数いたそうです。 宣教師が祖霊崇拝を始めとするチャモロ人の伝統的な習慣や文化を厳しく禁止したため不満を持つチャモロ人も多く、その不満は1669年のスペイン・チャモロ戦争を勃発。キリスト教に反抗的な村は全て焼き払われ、10万人いたとされるチャモロ人が5000人以下に激減したようです。それ以降は目立った反抗は無くキリスト教文化が定着するようになった、といわれています。

1898年にアメリカとスペインの間で勃発した米西戦争にアメリカが勝利し、同年のパリ条約によりグアム島はフィリピン、プエルトリコとともにアメリカ合衆国に割譲。

1941年12月8日に太平洋戦争が勃発。日本海軍は真珠湾攻撃の5時間後グアムへの航空攻撃を開始し、同月10日日本が占領しましたが、1944年8月に米国が奪還しました。以後、戦争終結までアメリカ軍の日本本土への爆撃拠点として活用されました。

1950年にアメリカ合衆国議会により「グアム自治基本法」によって主権に制限を受け「アメリカ合衆国自治的・未編入領域」という政治的地位となりました。

現在まで米軍の太平洋戦略上、重要な基地のひとつとしてグアム島は活用され、近年は日本からの観光客を中心とした観光地、リゾート地として発展を遂げています。



海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
旅行準備のアドバイス
運営者その3
海外旅行には何を持っていけばいい?準備は何から始めるのがベストなのか?旅先でもスムーズに動くための疲れない旅行計画の建て方など、旅行手続きの注意点とアドバイスについてやさしく解説 >> 続きはこちら
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
Copyright © 2012 グアム旅行記 | 海外旅行Q&A! . All rights reserved