荷物についてCパッキングの詳細

TOPページ > 荷物についてCパッキング
荷物についてCパッキング

■パッキングについて
旅はパッキングから。そして旅の楽しさが増すのもパッキング術次第!
何がどこのあるのか、荷物はなるべくバラバラさせないで用途ごとに細かくわかりやすいように収納することが基本です。壊れやすいものは中心部に収納し周囲にはタオルや衣類といったやわらかいもので囲い入クッションに。お土産で壊れやすいものを買った場合も同様です!

■パッキングする荷物の選択
@現地で使えるか
電気製品は電圧と電源プラグの種類が異なるとそのまま使うことができません。ガイドブックや現地情報の掲載されたホームページなどで、渡航先の状況を確認を。
A現地で入手可能か
現地で手に入りにくいものは、バッグに必ず入れておきましょう。特にカメラの電池(特殊なもの)など。また下痢止めや風邪薬といった薬は日常飲み慣れているものを持参しましょう。外国の薬は日本人には強過ぎることも。事前にかかりつけの病院で『旅行用の常備薬』を処方してもらえることも。


■パッキングに便利な袋
圧縮袋
左:圧縮袋 右:ジップロック袋

メインとなる荷物、かさばる衣類をコンパクトに収納できる圧縮袋。大中小の異なったサイズがセットになったトラベルセットもあります。
ジップロックは用途に合わせて大きさを選び100円ショップなどでも購入可能。
中身が一目で分かり、耐水性もあり液体も漏れません。食べ物も入れられますし、現地で濡れたものや汚れたものを入れたり、旅の記念に取っておきたいパンフレットなどを保管したり・・・と、とにかく何にでも活用可能!余分に何枚か持って行かれることをオススメします。



関連エントリー
海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved