荷物についてA旅行バッグ選びの詳細

TOPページ > 荷物についてA旅行バッグ選び
荷物についてA旅行バッグ選び

■バッグ選びについて
基本的な旅行バッグについて。専門店や専門コーナーでは、用途に合わせ自分の旅にマッチした機能的なバッグを購入することもできます。代表的なバッグの特徴を知りどのバッグが自分の旅行に最適か考えてみましょう。

■バッグの種類
@スーツケース・・・一般的な日本人旅行者は圧倒的にこちらのタイプの利用が多いと思います。
<メリット>鍵がかかり丈夫なのでセキュリティ面で安心感が高い。割れ物などを持ち帰る場合でも安心度が高い。
<デメリット>バッグそのものが重くて大きい。
【向いている旅】
・パッケージツアー:バス移動が多く添乗員や現地係員が荷物の管理を行ってくれる場合。
・1ヶ所滞在型の旅:空港やホテルの往復以外ほとんど移動がない場合。
・ドライブ旅行:空港でレンタカーを借りて、移動はすべて車の場合。

Aソフトキャリーケース・・・ファブリックなどで作られたソフトなスーツケース型のバッグに伸縮性のあるハンドルとキャスターが付いたもの。海外からの旅行者や海外在住者のスーツケースを見ると圧倒的にコチラのタイプが多いような。ちなみに我が家もソフトタイプを愛用中。
<メリット>スーツケースに比べると容量は限られる(片面だけが収納タイプも多い)がハードタイプに比べ重い荷物を収納できる(重量制限がある場合)。軽いので移動が楽。
<デメリット>バッグの表面が布素材などが多いのでナイフなどで引き裂かれ中の荷物を盗難されるなどセキュリティ面では不安が残る。
【向いている旅】どんな旅でも対応可能。

Bバックパック・・・1つあるとやはり便利!
<メリット>
多めの荷物でもあまり負担を感じずに持ち運べる。また両手があくので自由度が高い。
<デメリット>スリが多いと言われる場所を旅行する際は
背後からスリに狙われる場合があるので、前に担ぐ、同行者と注意し合う、などして気をつける必要がある。
【向いている旅】
・ユースホステルやエコノミーな宿に泊まり周遊する移動型の旅。
・ある程度、長期にわたる旅。
・子連れ旅行(特に小さい子供がいる場合)

Cボストンバッグ(ダッフルバッグ)
<メリット>カバン自体が軽く、折り畳める。肩にかけられるタイプであれば持ち運びやすい(ローラーがついている物もある)。スーツケース+αや荷物が増える帰りの為に持参しておくことも可能。
<デメリット>荷物を収納できる容量が少ない。またセキュリティ面で不安がある。
【向いている旅】
・荷物が少ない短期間の旅。
・移動が多い旅だがバックパックには違和感があるという人。



関連エントリー
海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved