荷物についてG持ち物チェックリスト【子連れ/スーツケース編】の詳細

TOPページ > 荷物についてG持ち物チェックリスト【子連れ/スーツケース編】
荷物についてG持ち物チェックリスト【子連れ/スーツケース編】

■スーツケース用荷物チェックリスト【子連れ/スーツケース編】
『機内持ち込み編』と同じく、子どもが1歳4ヶ月当時のカウンターで預ける受託荷物の準備リストです。お子様に会わせて応用してみてください。

□PC
必要であれば。現地で使えるか事前確認を。
□洗濯グッズ
乾燥している地域では手洗いして干せば小さいものなら洗濯機いらず乾きます。100均で購入した洗濯物干や洗濯バサミ+紐、洗剤を持参し現地で捨てて帰ります。
□チェアベルト
国によりレストランなどでハイチェアが常備していない場合は持参。
□食事グッズ
携帯用スプーン、フォーク、ビブなど。現地購入も可能ですが出発前から使うこと多し。
□おむつ
荷物に余裕があれば持参できるだけ持っていきます。現地でも購入可能。
□おしりふきシート
おむつに比べて種類が少なく日本のものより高価な場合が。持参がオススメ。
□手・口ふきシート
おしりふきシート同様。
□ベビーフード
液体なので重量になりますが、お子さんに合わせて心配があれば準備を。
現地では日系スーパーやオーガニックスーパーで買えば安心かも。
□パパッとごはん(100g×2PC)
おにぎり用に。電子レンジ、お湯でボイルができれば活躍します。
レトルトの液体味噌汁、のり、ふりかけなど
現地で買えるなら持参せず必要時に買う方が無駄がありません。
近くで買えない場合や、現地での時間がない場合は持参がオススメ。
□衛生用品(日焼け止め、爪きり、綿棒など)
日焼け止めは現地で購入可能。爪きりや綿棒はあまり使わないので持参してしまいます。
□服
着回しを考えて最低限を用意。不足分は現地調達を。
□ガーゼ・てぬぐい
ハンドタオルに比べ手洗いしやすくすぐ乾くので便利です。
□ポリ袋
小さいポリ袋は海外で売っていない場合も。スーパーで買い物時もらえるのであれば不要。ジップロックは何かと使えるので数枚あれば便利。不足分は現地で購入可能。

荷物は必要最低限に。お守り&あれば便利なものを持っていくと結構な量になりオーバーウェイトになる可能性が。しかし、初めての子連れ海外旅行という場合は何かと不安です。
特に液体や食品は重量になるので必要であれば滞在当初の数日分だけ持っていき、あとは現地購入する、など。現地で入手できそうなものかどうか?また現地で消化できそうかどうか?を確認し、最後は捨てて帰っても大丈夫!という気持ちで荷物を厳選してみてください。



関連エントリー
海外旅行の持ち物イメージ
運営者プロフィール
運営者
はじめまして。エビです。 留学も海外生活経験もないのにアメリカ人と結婚。 それにより夫の出身地・サンフランシスコが第二の故郷に! 行ってみるとなんとも素敵でとっても魅力的な街、サンフランシスコ。 いつの間にか子連れ旅行になりましたが、 日本人的目線で毎回おもしろい&ステキなモノやコトなど 楽しく綴っていきたいと思います♪
サンフランシスコ旅行のまとめ
運営者その2
サンフランシスコは夫の故郷なことからいままで何度も行っています。みんなの知らないマニアックなスポットなども数多くご紹介しているので、初めて行く方から何度も行っている方両方にとってお役立てればと思います >> 続きはこちら
グアム旅行のまとめ
運営者その2
日本人が選ぶおすすめの観光スポットとして、必ず人気ランキングの上位に食い込んでくるグアム(GuamもしくはGuahan)の旅行体験記となります。 >> 続きはこちら
Copyright © 2012 海外旅行Q&A!旅行の準備、持ち物、おすすめの観光スポットを特集! . All rights reserved